ヘルペスは水ぶくれが集まった状態の症状で、とても身近にあるウイルスです。ウイルスと聞くと怖いと思う人もいると思いますが、誰しもが感染しているごく一般的な病気です。一度ヘルペスについて知ってみませんか?

小児に多い痒いヘルペスとは

ヘルペスは感染症なので人から人へうつってしまいます。このウイルスは感染力が強く、患部に触れるなどといったことから感染します。特に親子や夫婦など親密な間柄でうつりやすい病気とされており、感染しても症状が出にくい病気であるため、気づかないうちに親から子供にうつっていたというケースも多いです。ちなみに、痒いなどの症状がなくても唾液などを通して他人に感染させてしまうことがあるので注意しましょう。このウイルスは体の中に入ると神経節に潜伏するという特徴があります。そのため症状が治まってもなかなか体の中から無くならないということです。ヘルペスは大人の病気というイメージを持っている人も多いかもしれません。しかし、この病気は小児にも深い関係があるとされており、実は成人のほとんどが小児のときにこのウイルスに感染しているということです。しかし、初めて感染した時には症状が出ないことも多いため、感染したことに気づかない人が多いのです。このウイルスは痒いなどの症状が治まっても体の中からなくならず、しばらく神経節というところに潜伏しています。そして、体の抵抗力が落ちた時などに再び症状が出てきます。風邪で熱を出した後などに唇の周りに痒いブツブツができたことのある人もいるでしょう。これはヘルペスウイルスの再発によることが多く、口唇ヘルペスと呼ばれる症状となっています。小児にも多いヘルペスの具体的な治療方法についてですが、気になる症状があったらまずは病院で診察してもらいましょう。そして、ヘルペスと診断された場合は内服薬によって治療することになります。症状が酷い時は点滴や痛み止めなどの注射を行なうこともありますが、口唇ヘルペスや性器ヘルペスの場合は再発することも多いため、継続的に薬を服用して治療していきましょう。